今話題の ケイ素!・・・・・って何!


美容室経営32年 年齢を重ねるとともに

健康あっての美 と思い 新瑞橋に小顔サロン「kogao」を作る。

自分が癒されるはずが 施術大好きになっている tomoeです。

tomoe・・・てどんな人?・・・ ↓クリックしてみてくださいヽ(´▽`)/

admin-ajax

 

もちろん 知っている人 飲んでる人 今!ですか?と言われそうですが・・(笑)

ケイ素・・・今更 聞けない!・・・

なんかいいんだよね(^^♪・・・という 皆様に 思い出して頂き

飲んでいて 今の健康があるともう一度自覚していただくために ご確認くださいm(__)m

 

珪素を摂取する必要性

 

体内では 作り出すことのできない必要不可欠な成分。

加齢とともに ケイ素の貯蔵量が減少する。

 

多く含む食品として

ワカメの茎、アサリ、昆布、大豆、ゴボウ

なかでもワカメのケイ素含有量は4.8mg/100gと、特に多いと言われています。

大人が1日当たりに必要とするケイ素は9mgですから、含有量の多いワカメで考えても、

毎日200gずつ食べなければならないという計算になります。

 

通常の食事では 十分な量を接収できない。

 

つまり、人体にとって必要不可欠なミネラルであるにも関わらず 年齢を重ねていくにつれ、体内貯蔵量がどんどん低下する。

補充を どのようにするかが ポイントです。

食事でとるには

食品100g中の珪素含有量 (単位:mg )

 

穀類 野菜
からす麦 600
きび 500
大麦 233
小麦 160
とうもろこし 20
米ぬか 10
玄米 5
フランスパン 1.5
うどん(ゆで) 1.5
精白米 0.5
じゃがいも 200
赤カブ 21
アスパラガス 18
ひまわり 15
サラダ菜 7
南瓜(かぼちゃ) 7
苺(いちご) 6
人参 5
干しわらび 5
佃煮しいたけ 3
よもぎ 3
ぜんまい(生) 3
かんぴょう 3
魚介類・海藻類 飲み物
あお海苔 62
ひじき 10
あさり佃煮 10
乾燥わかめ 7
はまぐり 7
あま海苔 3.3
昆布 3
番茶 10
ほうじ茶 7
ウーロン茶 6
煎茶 5
ココア 5
紅茶 4
抹茶 3
麦茶 2.5

 

 

珪素を積極的に摂取することで、

老化防止や内面からの 健康を維持し 様々な病気を未病に防ぐことができる。

美と健康 アンチエイジングには欠かせない最も大切な成分として 注目を集めているのが

ケイ素です。

 

ケイ素の働き 効能

 

1. 新陳代謝を活性化

2. デトックス効果

3. 強い血管を作り、傷ついた血管を修復してくれる

4. 細胞の結合組織であるコラーゲンを作りだす

5. 骨細胞を作り出すには、珪素が必要

6. 腸内の腐敗を止めて、腸内環境を改善する

7. 強力な抗酸化力により、病気を根本から癒す

 特に 体験談の人の感想としては

 

・肌には透明感が出て美白効果を実感

・髪の毛にハリが出てきた

・爪が丈夫になって割れなくなった

・腸の調子が格段に良くなった

など 多くの方が 実感されています。全ての病気は血液・血管関連の老化からきていると言われており、水溶性ケイ素水の血行改善、代謝アップなどの働きには多くの効能があります。

  • 毛髪や爪の発育
  • 皮膚細胞の活性化
  • 早期に起こる老化現象を防止
  • 骨や歯のカルシウム成分の不足を補充
  • 自己免疫力と免疫細胞の活性化(マクロファージ、リンパ細胞)
  • 軟骨組織丈夫にする
  • 関節を健康な状態に保つ
  • 血管と肺組織の弾力性の維持
  • しおれた野菜にスプレーすると元気になる
  • ケイ素はカルシウムよりも骨を強くする
  • ケイ素にお米や野菜、果物をしたすと農薬が溶け出してくる
  • 脳卒中などの血管関係を改善
  • 血管を若返えさせる
  • 糖尿病
  • 皮膚のたるみ

等々。。。

 

おすすめ ケイ素です。

今回は 同じケイ素ですが お値段 製造国(日本製と 韓国製)で お好みのケイ素を選んでいただければと思います。量と価格を 確認の上ご購入願います。

 

%e3%83%9b%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%82%ab2 ホワイトシリカ 1000ml=14000(税別) 韓国製

      2016年 11月1日より カタログ販売紹介価格・・・・・12600(税別)

%e3%82%a6%e3%83%a2%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b91ウモプラス 500ml=20000(税別)日本製

       2016年 11月1日より カタログ販売紹介価格・・・・・17000(税別)

こんな方に 使っていただきた~い

 

髪の毛のつやや コシが欲しい方

お肌の張りや潤いが欲しい方

歯や爪 骨 内臓 血管を丈夫にしたい方

身体の内から エイジングケアしたい方

 

どのように使えばいい?

 

お料理に入れる

飲み物に入れる

野菜 果物の洗浄に使う

お風呂に入れる

 

どうして ご紹介したいのか・・・

 

体内で生成できないケイ素 でも この役目がとても重要

いろいろな栄養素を 摂取をより効果的に してくれ

老化防止や内面からの 健康を維持し 様々な病気を未病に防ぐことができる。

美と健康 アンチエイジングには欠かせない最も大切な成分だから・・・

 

 

 

この機会に お試しください。